fc2ブログ

あたしのランチ2 望月貴子のダブルエッチ オットと晴海

「貴子」
「はい」
「ちょっとアセばんでるよね」
「え」
「ほら、おでこ」
「えー全然アセないよ」
「いやいやアセかいてるかいてる」
「えーあなたの方が」
「えーなに、ぼくの方が、ナニ」
「汗、おでこ」
「そうか。じゃお互い汗かいてるから脱いじゃおか」
「えー」
「ほら貴子も、脱ぎな」
「え」
「おら、全部脱いだぜ。Tシャツ、かませるぜ」
「えっ、あぐっ」
「全部脱がせるよ」
「えっ、やっ」
「貴子、貴子のおっぱいキレイ。おっきくて、おいしそ」
「え」
「乳首キレイ。おいしそ」
「えっ、あん」
「ほら、どうだどうだ。ずこずこ、いいだろ。いいだろ。俺のずこずこ」
「あっあん」
「明日から一週間も出張だからな。その分、一週間分だぜ。今夜は寝かせないからな。貴子」
「ひーおにーあくまー」
「へへっ。ほら、貴子ほら」
「あっ、ああんあんっ」


「貴子あたし、アセかいて、風呂に入りたい。お湯ためて」
「いいわ。あたしも一緒に入っていい?」
「もちろんもちろん。大歓迎よ。でも、あなたのダンナ、今日から一週間の出張でしょ。ダンナきのうは貴子、あなたを抱きまくりだったんでしょ」
「え、ええ」
「なに、ほほ染めてんのよ。ダンナのつばきまみれ、精子入れまくられの貴子なんて、抱きたくもないし、風呂にも入りたくないわよ」
「え。ひどーい。ちゃんと今朝、お風呂で洗いまくったのよ。晴海ちゃんのために」
「へーどうかなー」
「だからあたし、ぴきぴきのヴァージンそのものなのよ」
「うそっぽーい」
「へへへっ」

「ああいい湯だなぁ」
「貴子、入りまーす」
「貴子、なんで勝手に入ってきてんだよ」
「えーひどーい。ここはあたんしちよ。あたしの家のお風呂よ」
「へいへい、悪い悪い。ここは、貴子と貴子のダンナ様のお家で、そのお風呂よね。ダンナさまのお留守に目を盗んで、勝手に入ったあたしが確かに悪い。貴子、ごめんね。貴子と、あなたのダンナ様の分も、あやまるわ」
「なによ、ダンナの分もって。ダンナの留守に、妻のあたしを抱く気満々のくせに」
「ふふっ。風呂に入る前に、ちゃんとシャワーしな。特におマタのあいだな」
「はいはい、わかっています。晴海さま」
「こら貴子。もっと腰を落として、大股開いて、洗え」
「えー」
「ダメ。もっと腰を開く」
「えー。かっこ悪いよー」
「ダメダメ。もっと開くぅ」
「えー。あなた、自分のオンナが、こんなかっこ悪くしてるの、うれしいのー」
「うん、うれしいうれしい。ほら、貴子、お前はオレのオンナなんだから、ちゃんとオレの命令は、キク」
「ひー」
「ほら、もっと腰を落として洗う洗う。菊門も念入りにな」
「えーお尻なんてダンナにもゆるしてないわよ」
「ふふふっ」
「入るわよ」
「うー」
「ふふ、晴海ちゃーん」
「貴子貴子っ」
「晴海っ」
「貴子っ。ね、チューしたい」
「あたしも、してして」
「うぐっ」
「ぐっ」
 れろれろちゅばっ
「あぐっ」
「ほら、貴子のここ、びちょぴちょだぜ、ほらほら、ここここ、ほらここ、貴子のおまんちょ」
「ああんああっ、お、お湯だよ」
「どかな。確かめてみよ。お尻、ふちに乗せて」
「いや、ああん」
「ほら、脚開いて。みだらな貴子らしく、パッカーンて」
「えっだめ」
「ほら、開いた~」
「ああん、ダメー」
「丸開きだよ貴子。食っちゃうよ、貴子のここ。においもかいじゃうよ。鼻ごと貴子に入れるわよ、ほらっ」
 すーすーう。すっすっすっすっ
「やぁんはずかしい」
「うぐうぐ。うめー。うめーよ貴子のおまんちょ」
「あっああん」
「貴子のおまんちょ。うめーし、ふかふかでやわらかいし、あまくて、うぐっ、おいしー、貴子大福だよ」
「あっあん」
「ダンナの留守にこんなおいしい、うぐっ、貴子饅頭、うぐっうぐっ、たまらねー」
「あんっあんっ」
「舌入れるよ舌入れるよいいね貴子。舌入れて、貴子のおまんちょ、ぐるぐるかき回すよ」
「んっあっ」
「きのう散々入れられたダンナのチンポ、その味をあたしの舌で、忘れさせてたげるよ。いいね貴子。ほら、貴子のおまんちょ、あたしの長い舌で、かき回すよ。ほらほら」
「あんあっ」
「たまらねー。やわらかふかふか貴子のお饅頭。うめー貴子の大福うめー」
「ひー」
「貴子、貴子の太ももで、あたしの顔、強く挟んで、ほら、あむっ」
「ひー」
「ほら、ほら、貴子はさんで」
「あんあんっ。ムリよ~、ち、ちから入らないもん」
「こら貴子」
「うーあんあんっ」


「んっふふふっ。キスして」
「うん、もちろん貴子」
ねろねろちゅぱちゅばくちゅくちゅ
「貴子とのキス、おいしい」
「うん貴子もよ」
「あっ、このベッド、ゆうべタンナに抱かれまくったベッドだろ」
「えっでもシーツも変えたし」
「シーツだけ?」
「ちがいますー。お布団もマットレスも変えましたー」
「じゃあ、このベッド」
「まっさらよ。晴海とあたしのためのベッド。うふふふ」
「むふふふ。じゃあ、まずブラもパンツもパジャマも、着ようネ」
「えーどうせすぐ脱がせちゃうくせにー」
「むふ。脱がせるには、まず、着せないとね。そうでしょ」
「えー、エロおんな―」
「ほら、あたしがさっきまでつけてたブラだよ」
「えっきっつーいー」
「ほら、次はあたしのはいてきたパンツ。無理やりはかせちゃうよ」
「えっえっきつっ、いたーい」
「なんだよ」
「いたーい、すぐ脱がせてっ」
「なによ、あたしのブラとパンツ、貴子きついきついって、まるであたしのカラダが貧弱って、言ってるも同じよね」
「えっそんなこと。でもいたーい。脱がせてっ」
「ふふっ、そんなにきつけりゃ自分で脱ぎゃあいいのに。ふふ、あたしに脱がせてほしいの」
「いやーん、早く―」
「ふふふっ記念に撮るわよ。ブラから超はみ出したおっぱいと」ぱしゃ
「パンツから超突き出てるお土手さんと」ぱしゃ
「いやーいたいよー」ぱしゃ
「それから、パンツからはみ出てる尻肉と―」ぱしゃぱしゃ
「ひー」
「やべ―。写真撮るだけじゃ、ガマンできないー。超はみ出た貴子の巨乳も、べろべろしてーし」ぺろぺろ、べろべろ、はむはむ。
「超高い貴子の土手も」ぺろぺろ、べろべろ、はむはむ。
「あっあっ」
「お尻のお肉も、おいしそー」がっつり食いつく。
「いたーい。あんっ。は、早く脱がしてっ。あっあんあん」
「うめ―。貴子のおっぱいもおまんちょもお尻もうめー」
「ひー」


「ひ~やっと脱げた~」
「ふふっ。解放された気分?」
「ええ、もー、痛かったー」
「それだけあたしのカラダが貧弱で、貴子のカラダが豊満ってことね」
「ええええ、どうせあたしはおデブですよ」
「デブじゃないよ。あたしにはセクシー。そういう貴子が好き。大好き」
「もー。ああ、これアザになる。あと、残っちゃうよー」
「だいじょうぶ。一週間あるから、ダンナにはばれないよ」
「そういう問題じゃないわよ。も~」
「それにあなた、痛かった割には感じまくってたじゃない」
「そ、それはそうだけどー。は、晴美さんて、テクうまいからー」
「え、ダンナより?」
「えっ、え、まあ」
「ふふっ、貴子のダンナは、筋肉あるからね。突き、すごいんでしょう」
「えっ、え、まあ」
「ダンナのチンポ、あたしの指使い、舌遣い、あなた、とことん幸せなオンナねー」
「えー」
「じゃあ、これから、あたしの指と舌で、貴子のこと、ねちねちセめるわよ」
「えー待ってー」
「なによ」
「朝からずっと晴美さんに攻められっぱなしで、貴子、超疲れちゃったの」
「なにそれ。実は夕べのダンナのピストンの方がきつかったんじゃないの」
「えっえっ、そ、それもあるかも」
「白状しなさい。貴子、何発やられたの」
「えー」
「ほら、白状おし、貴子」
「えー、さ、三発」
「ウソ、お言い」
「えー、ほんとはご、五発。で、でも五発目は不発っていうか、途中で不発だったみたいで、実際は、よ、四発だったみたい」
「じゃあ、前戯も含めて、夕べ、何回イったの、貴子は」
「えっ、えーとー」
「バカ、マヂメに数えなくてもいーの―。バカ」
「いたーい。もう。ぶたないで、もー」
「ふふ。ダンナには殴られたことはないの」
「うん、殴られたことない。優しい人」
「こら、ナニ、のろけてるの。あたしというものがありながら」
「ふふっ。さっき、ちょっと痛かったー。本気で殴ったでしょ。晴海さんも、もっと優しくして~」
「晴海さんも、か。あたし、怒ったら、貴子のこと、本気で殴るよ。あたし、貴子のことはいつも本気だよ」
「えーこわいー」
「ふふっその代わり愛するのも本気だよ。さ、少しお昼寝ね。お昼寝して、疲れが取れたら、貴子はもっと、おいしくなるの。お昼寝起きたら、貴子の作った軽いランチ食べて、そのあと、あたし、貴子を食べまくるのよ」
「うー。晴美さん。あたしのこと、頭なでなでして。すぐに眠れそう」
「よしよし。ぐっすり眠って、おいしいオンナになーれ」
「えーもー」


「すーすー」
「すぐ寝ちゃったわね、このコ。いい寝息だわ」
「すーすー」
「ほんとにいい寝息。これならあたしも、すぐに寝れそう」

 望月晴海は、自分と同い年の若いオットと再婚したばかりの、新婚ほやほやの姑、望月貴子をやさしく抱きしめ、自分より年上なのに気持ちもカラダも若々しい姑とぴったり密着して、眠りに入った。
 ふくよかで、もちもちの肌が、抱き心地が良くて、好ましい。
 自分のオットには「最近、お義母さん、腰を痛めたって。だいぶ不自由そうなんで、ほら、新婚の旦那さんが出張っていうから、二、三日、お見舞いっていうか、お世話してくるわ」
「おふくろ、俺より若い男と再婚して、バンバン腰つかって、腰痛なんて、息子として恥ずかしいよ」
 その、恥ずかしいという息子の嫁は、ウソの言い訳と違って健康そのものの姑のふくよかな尻と腰をいとしそうに撫でつつ、昼寝から目覚めたら、健康そのものの姑の腰を思いっきりのマンぐり返しにしてやることを夢見て、すぐに寝入った。
 嫁と姑は、互いに抱き合いつつ、お互い笑みを浮かべて、お互いのくちびるに、よだれを垂らし合って。くちびるがほとんどくっつかんばかりの、キス寝だった。


●新アダルトランキング●ペロペロしてね
●HONなび●入れてね(笑)
●正しいH小説の薦め●ハメてね(笑)
●新・SM小説書庫●挿入してね(笑)
●ひめぐりねっと(官能小説検索サイト)●ひめ、ぐりぐりっと、ね(笑)
スポンサーサイト
[PR]

目  次
FC2カウンター
最新記事
リンク
最新コメント
乱れ雪店主へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング官能小説

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
大手ポータルの出会い
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR